忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
カオル
性別:
女性
職業:
ライター
自己紹介:

*日々の連ね*
マイペースに仕事をしながら、
おいしいものと絵本を探しています。
これがおいしかった! 
という情報、お待ちしています。

*日記について*
誤字脱字は、
めんどくさいのでスルーしています。
見つけてもお気になさらずに……。

*トラバについて*
トラックバックは受け付けていません。

ブログ内検索
コメントありがとう♪
今のところコメントフリーにしていますが、悪質なのが増えてきたら、また承認制にします……
[08/02 カオル]
[07/28 みき]
[07/12 カオル]
[07/12 カオル]
[07/09 さとみ]
[07/08 ニクソン]
[06/30 カオル]
[06/25 みき]
[06/25 カオル]
[06/25 カオル]
アーカイブ
バーコード
お天気情報
カウンター
アクセス解析
最新記事のフィルム

早くもPARTⅢになりました
No.539 No.538 No.537 No.536 No.532 No.531 No.530 No.529 No.527 No.525 No.524
2017-09-23(Sat)
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2008-07-12(Sat)
『海のおばけ オーリー』
少し前、翻訳家の石井桃子さんが亡くなりました。

日本の児童文学に多大な功績を残した方で……。私なんかが評価するのもおこがましいっす。

我が家の本棚にある、石井さんの訳本の中から、小さいときから読んでいる1冊を。



2008-7-12-1.jpg

『海のおばけ オーリー』

作&絵:M.Hエッツ

訳:石井桃子

発売元:岩波書店










あまりに有名な絵本(初版は1974年)なので、紹介するまでもない……かな?

海で生まれたアザラシの赤ちゃんが、お母さんがエサを取ってる間に人間に連れ去られて、

水族館に売られたりしながら、最後には母を訪ねて三千里のように感動の再会!

表紙はなんだかネッシーみたい?




2008-7-12-2.jpg


















1ページに3段になって描かれているのだけど、これが大型絵本だからかな?

確か、小さいサイズもあったと思います。

モノクロで進んでいくから、なんか昔の映画みたい。

5大湖を駆け巡り、セント・ローレンス川をくだり、やっとお母さんに会えて。

オーリーの表情がとってもかわいくて、ドキドキしながら読んだの思い出します。

そういえば、日本にも迷いアザラシいたよね、たまちゃんとか、なんとかかんとか、3匹くらい。

みんな家族に会えたのかなあ。
PR



・C O M M E N T
  • この記事へのコメント投稿フォームです。


  • Name:
    Title:
    Mail:
    Url:
    Color:
    Decoration:
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Message:
    Pass:
    ※編集時に必要です。


    No.539 No.538 No.537 No.536 No.532 No.531 No.530 No.529 No.527 No.525 No.524

    Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
    忍者ブログ[PR]